花耶 オフィシャルサイト/岩手・盛岡・美容室・理容室・ブライダル・エステ


ローフードとは、ビタミンや酵素などを効率よく 吸収するため、生の食材を火を通さずに調理する 食事健康法のこと。その知識を正しく紹介する 資格を持っている。

「ローフードとは火を通さない」(厳密には48℃以上の加熱をしない)調理による食事法で、生きたビタミン・ミネラル・酵素をまるごと食べることができ、美肌効果、デトックス効果などが期待できます。

Raw Foodとは

生の食べ物の意味で、酵素栄養学に基づいた食のライフスタイルです。
生の野菜・果物を熱を加えず(48℃以下で)生のまま食べる食事法を言います。



では、なぜ生を食べるのがいいんでしょう?

生きているもの(人間、動物、植物)全てに“酵素”が存在します。
酵素は、その生命活動を行っている物質で、私たちが生きるには欠かせません。
酵素を取り入れることで代謝が上がり、毒素の排泄などが促され、その結果として体調が良くなったり、体質改善やダイエットに繋がります。

酵素とは...

☆私たち人間や動物の体内には、消化酵素と代謝酵素があります。



消化酵素

消化酵素は3000種類もあると言われています。
ご飯にはアミラーゼ・肉にはペプシン・脂にはリバーゼなど食べた物によって必要な酵素を泌し消化します。



代謝酵素

血液を流したり、毒素排泄、免疫向上、身体を動かすなどの基本的な働きのすべては代謝酵素によって動かされてます。



☆植物に含まれる酵素を食物酵素といいます。

食物酵素は熱に弱く、46〜48℃を越えると酵素の活動が失われると言われています。